3Dプリンタでコスプレ小物

3Dプリンタを使うと、今までは制作が簡単ではなかったコスプレ小物もある程度自在に作れるようになります。

今回はそんな作例を1つ紹介。

3Dプリンタでモノクルを作る

今回コスプレしようとしたキャラは、小説「キーリ」に登場する「ダニール」というキャラです。
このキャラクター、下のように左目にモノクルをつけており、これをいかに再現するかが肝でした。

ちなみにイラストレータさんも「どうやってつけているのでしょう?」という通り、謎技術でつけてます。
そこで登場するのが3Dプリンタ。blenderというソフトで設計し、愛用のfinderで印刷しました。

時間がなかったのでディテールまでは作り込めませんでしたが、概ね特徴は捉えています。
素材がプラスチックなので軽く、両面テープで顔面に固定することができました。
装着するとこんな感じ。

原作より人物が太めなことには目をつぶっていただき・・・
雰囲気はしっかり再現することができました。
この他に、作中に登場するアンティークなラジオも小物として作成しています。

このように、3Dプリンタはレイヤーさんの心強い味方になってくれること間違いなしです!
家庭用サイズではまだまだ小物しか作れないのがネックかも知れませんが・・・
値段もずいぶん下がってきているので、導入を検討してみてはいかがでしょう!?

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA